« 「8人の女たち」〜豪華仏女優さんたちの愉快なクリスマスパーティー? | トップページ | 「幸せのレシピ」〜オリジナルを引き立たせた作品 »

2007年12月23日 (日)

「ノエル」〜クリスマスイヴの小さな奇跡

次はノエル2004です。同名の日本映画が2003年にあるようですが、こちらはペネロペ・クルス、スーザン・サランドン主演のアメリカ映画。ラブ・アクチュアリーがいろんなお話ごちゃ混ぜにした豪華な楽しい作品なのに比べて、こちらは3つ程度のお話が相互に絡み合って、比較的静かにそしてクリスマスイブからクリスマスまでの小さな奇跡が感動的に描かれています。「ラブ・アクチュアリー」は「世界は愛にあふれている」がテーマ。この作品は「クリスマスは小さな奇跡であふれている」がテーマ。そんな感じでしょうか。

主演は、ニューヨークの出版社で働くバツイチキャリアウーマン、ローズ(スーザン・サランドン)。彼女は会社、母が入院する病院と自宅の往復で日々を過ごしている。そんな彼女が母の病室の隣の意識のない患者にクリスマスの天使を飾ることから小さな奇跡が起こります。ニーナ(ペネロペ・クルス)は、婚約者の警官マイク(ポール・ウォーカー)はとの結婚式を控えていたのだ。マイクはニーナを深く愛していたが、嫉妬深くニーナは結婚を躊躇するようになっていた。諍いのあげく部屋を出て実家に帰るニーナとローズがであった。一方、マイクにも不思議な出来事が起こる。マイクを、妻の馬選れ変わりだという男アーティ(アラン・アーキン)が現れるのだ。

後はご覧になってのお楽しみです。独りで静かに、そして温かい感動を胸に抱いてクリスマスイヴを過ごしたい方にはピッタリの作品だと思います。

ノエル DVD ノエル

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2006/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「8人の女たち」〜豪華仏女優さんたちの愉快なクリスマスパーティー? | トップページ | 「幸せのレシピ」〜オリジナルを引き立たせた作品 »

映画・テレビ」カテゴリの記事